社員インタビュー

山梨精密は何よりも社員、
そしてその家族を大切にし、
働きやすい環境を一番に考えています。

  • インタビュアー:窪田社長
  • 土屋 2010年入社
  • 原田 2005年入社 3児の母
  • 石川 2012年入社

どのような仕事を任されていますか?

原田
検査関係、在庫管理、出荷業務を任されています。
石川
主にポリエステルフィルムやカーボンシートをプレス加工し、カメラパーツなどを作っています。
土屋
私もプレス加工で様々な製品を作っています。

その仕事のおもしろさ、やりがいなどを教えてください。

石川
材料がロール状になっていますが、初めから最後まで、材料を余す事なく製品を取りきれた時は気持ちよいです。
土屋
私ほ細かい部品を加工する事が多いのですが、加工後の検査で寸法通りのものが出来上がり、不良も無く、材料の無駄がなかったときにやりがいを感じます。
原田
検査したものが戻ってきて製品の梱包を行いますが、細かいパーツのためその数量が出荷数とピッタリ一致したときに、ちょっとした喜びを感じます。

これからチャレンジしていきたい事はありますか?

土屋
私は現場で加工の仕事を行っていますが、品質管理面に興味があります。検査業務は寸法を測ったり、細かい仕事で難しいと思いますが、その反面、面白いかと思います。
石川
生産管理や納期管理の仕事をやってみたいです。 自分の部署では納期管理を行う責任者がいない状況で、生産管理を行える独立した部署を作れるよう、自分で勉強して頑張っていきたいと思います。
原田
今は検査業務を行っていますが、加工の仕事もやってみたいです。

山梨精密で働いてみて、この会社の働きやすさ、環境面などを教えてください。

原田
私は子供が小さいときからこの会社で働かせてもらっていますが、子供が熱をだしたりケガをしたりした時もこころよく有休休暇を頂けるので、小さいお子さんがいても働ける良い会社だと感じています。
石川
気軽に話しができる先輩方が多く、加工技術の経験が無くても優しく教えてくれました。心配せずに仕事に取り組める会社と思います。
土屋
僕もそう思っていました。 気軽に話せる人が多いと感じています。
石川
通勤面でも環境が良く、私は家から車で10分ぐらいで会社に来れます。
土屋
僕は隣の大月市から来ていますが、30分くらいで通勤できています。

山梨精密で加工された部品は、世界の様々な精密機器に組込まれていますが、
そのへんはどのように感じていますか?

原田
加工された部品形状では見当もつかなかったのですが、これがカメラに組込まれると聞いてびっくりしました。この部品から完成された商品も知らずに仕事していて、私たちの身近にあるものに組込まれていると聞くと本当にすごいのを作っているんだな~と思います。
石川
車のパーツも加工していますが、もしかしたら自分の車にも組み込まれているかもしれないと思うと驚きです。
土屋
僕もそう思います。 生活の中の身近な商品に自分が加工した部品が組み込まれていると聞くとモチベーションも上がり、誇りに思えます。

窪田社長

山梨精密は何よりも社員、そしてその家族を大切にし、働きやすい環境を一番に考えています。
先輩、後輩のコミュニケーションも大事で気軽に話し合える会社作りを目指しています。
その中で世界の様々な精密機器に組込まれるモノづくりの面白さを感じてもらいたいと思っています。

山梨精密は、あなたを待っています。

採用情報はこちら

PAGE
TOP